男と住む意味、わかってる? 幼なじみの理性が限界のレビューや評判とは?

作者:庭鳥ヒナコ

 

18歳になった実久は、東京に行くことになったのですが、7つ年上の幼なじみのまー君のところで一緒に住もうと強引に押しかけて再開。

 

子供のころ、あんなにやさしかったまーくんが、豹変して狼のように実久に襲い掛かる。

 

「男と住む意味、どういうことなのかわかるの?」と実久の乳首を舐めまわし、体が敏感に反応してしまいまさかあのまーくんがこんなことをするなんて・・・というストーリー。

 

男と住む意味、わかってる? 幼なじみの理性が限界を読んだ感想や口コミとは?

 

男と住む意味、わかってる? 幼なじみの理性が限界を読んだ方の感想や口コミを調べてみると

 

ドキドキしながら読める内容のエロ漫画で、次巻も楽しみです。

 

幼馴なじみが男に変わるという豹変ぶりが、たまらないです。

 

などの感想や口コミが寄せられていました。

 

18歳の実久は、おそらく処女で、男性経験がなかったので、ある意味では幼馴なじみと初体験ができて良かったのではないでしょうか?

 

しかし、いきなり男性からの性の手ほどきを受けてしまい戸惑ってしまうところが、この作品のおもしろいところですね。

 

この続きが気になるあなたには、今すぐに無料お試しを読んでみてくださいね。